• 内子町中心の好立地
  • 土日祝日相談無料
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0893-59-2076

遺言の失敗事例

失敗事例1

Xさんは、子供のうちの一人(A)と同居していました。Aは他の兄弟たちが、母親であるXさん本人に会うことを、ヒステリックに拒絶していました。『会うときは自分を通してほしい』と言って神経質になっていたのです。

少し極端ですが、母親思いなのだと他の兄弟たちは思っていました。

しかし、他の兄弟たちは、母親であるXさんが亡くなった後、トラブルが発生しました。

母親であるXさんは、Aに全財産を相続させるという内容の自筆証書遺言を作成しており、他の兄弟たちからすると、『Aはうまく母親であるXさんを丸め込んで自分に有利な遺言を作成させた』と疑いを持つことになったのです。

母親であるXさんが亡くなった後、ほかの子供たちは、遺言無効確認調停、遺産調査や遺留分減殺請求に多大な労力を強いられることになりました…。

このようなケースでは、公平な立場の専門家に相談して進めないと、相続人全員が疲弊しきってしまいます。

失敗事例2

私たちは三人兄弟姉妹です。一番上が長男の太郎、二番目が長女の花子、そして次女の私です。兄、太郎は妻子と長年別居しておりました。そのため近所に住む姉と私が兄の太郎のめんどうをみていましたので、兄は妻子には相続させずに姉と私に相続させたいと常々話しておりました。

しかし兄は遺言を残すことなく、他界してしまいました。そして遺言がないばっかりに、姉と私は兄の遺産を相続することなく、兄の嫁と子どもに全ての遺産が渡ってしまいました。

後日、専門家に話を聞く機会があり、「妻子には遺留分が存在するので遺産全部を渡さないということは不可能だが、遺言に『姉と私に相続をさせる旨』を記しておけば、遺贈という形式で遺産は相続できた」と言われたのです。

私たちにそのような知識がなかったばかりに、兄の想いが踏みにじられたことが悔しくてしょうがありません。

もっと早く専門家に相談すればよかったと、後悔しています。

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 解決事例
  • ご相談から解決までの流れ
PAGE TOP
Contact

無料相談受付中!